日記系.jp 日記専門ブログ/モブログサービス
by
Cyberz Inc.
日記系.jpでショッピング[PR]
闘病系(261)
2004/3/21
2004/3/20
2004/3/19
2004/3/18
2004/3/17
2004/3/16
2004/3/15
2004/3/14
2004/3/13
2004/3/12
2004/3/11
2004/3/10
2004/3/9
2004/3/8
2004/3/7
2004/3/6
みんなの検索
ジャンル
であい.COMから日記転送
  日記系.管理人[10/19]
 にんざぶろうのまたたび日記。
  ナビゲーター[1/9]
 彩花火ナビ・ビ・ビ・ビ
  Cyberz提供[12/24]
 社長ブログ
  大人買いドドン[4/20]
 大人買いでドドン
 使い方と注意点
 よくある質問
 利用規約

 精神病院入院日記・・約9ヶ月入院した精神病院開放病棟「2004/2/25」
うてな
うてな闘病系RSS RSS2.0 Podcasting
ATOM OPML Vodcasting
KML
◆45〜46才 1973(昭和48)年 愛知西部在住 無職/充電中/定年退職者 不定期休み 家族と同居 独身 ◆離婚×1 ◆子供無し 車無し お酒は飲めない 喫煙しない ◆/ぽっちゃり体型 / 黒髪 黒目 ドラゴンズファン ギャンブルしない
◆趣味・興味: 書籍/雑誌
作家QRコード
作家QR
 コード 
精神病院に入院したことのある私が綴る日記
過去の日記帳から随時転記・更新中
 
2019年1月
  1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
  

→最初の日記
→全部で261日記

2004/2/25
 いよいよ怪しくなってきた私。
起床は午前2時半。
そこから、なにをどうしても眠れない。
午前3時までしか眠剤はもらえないから、目が覚めた時にすぐ眠剤をもらっておくべきだったと午前3時半頃後悔する。
そこからが地獄で、職場に対する恐怖感が頭の中で妄想になり私に襲い掛かる。
あぁ、ごめんなさい、ごめんなさいと謝り続ける私。
頭の中でそんな職場復帰のシミュレーションを繰り返し続けた、朝まで。

 朝食の時間には、私はヘトヘトになっていました。
それでも朝食はほぼ完食するから、自分の意地汚さを哀れに思う。
朝食後の薬は、もうすでに朝食前に飲んでしまっていました・・我慢できなくて。
その後、外出の用意をする。
今日は長時間外出の許可をもらっており、自宅近くの役所まで確定申告の手続きをするなどいろいろやることがあるから。
午前9時に、病院を後にする。

 自宅へとまず帰り、自転車に乗って市役所へ。
まず、社会福祉課の障害担当へ行き、精神障害者保健福祉手帳の申請の時にかかった診断書の領収書を提出して、その分を返金してもらう手続きを行いました。
その後、市役所の会議室に仮設されている確定申告の手続所に行きました。
そこで確定申告の手続き。
私は入院しているので、それだけたくさんの金額を病院に支払っているが、それに対する高額療養費などの返金も職場から結構受けているので、確定申告の医療費控除で受ける恩恵は、1万円弱・・でも、良い経験になりました。
自宅に戻り、ビジネスシューズとビジネスバッグを持って、すぐに家を出る。
病院へ戻る途中、デパートに寄り、職場に持っていくための手土産を買いました。
また、ワイシャツも買いました。
これだけいろいろやるべきことをやっていると、職場復帰の不安も薄れてくる・・と言いたいところだけれど、不安はやはり目の前にある。あり続ける。
病院へと戻る電車内で、そんな不安をかかえながらも、昨晩あまり眠っていなかったので、うつらうつら・・。
いろんな荷物を抱えながら、病院へ入る。

 自分のベッドで部屋着になり、荷物を戸棚などに片付ける。
そして、今日あったことを日記に記していると、私を呼ぶ声が・・コイケさんでした。
なんでも私にハジメちゃんが会いに来てくれたというので、一緒に行くことに。
待合室のラウンジで3人で会話。
まぁ、話題としては、私の職場復帰が不安だ~ってことが主。
ほかの話題になりそうになっても、その職場の話題になってしまうところが、私の今の状態を如実に表している。
それだけ不安なのだ。
そんなつまらない私の話をハジメちゃんとコイケさんは聞いてくれました。
ありがとう、ありがとう。
午後4時過ぎに、病室へ戻り、再び日記の続きを書く。
すると、主治医がやってきました。
職場復帰の件について、主治医に話すと、2月27日に職場に顔を出すのは、無理しなくてもいいとのこと。
また、実際に働くようになるのも、その一週間後からにして、少し準備をする時間を設けたほうがいいとのこと。
そして、出勤時間は遅めにすることなど、主治医と話をつけました。
主治医の言葉をそのまま課長に伝えようと思う。
2月27日に私が職場に顔を出すことができればの話だが。
主治医と別れた後、食堂に行くと、またもや皆さんトランプをしていたので混ぜてもらいました。
まぁ、きぃちゃんのリハビリを兼ねているのだけれど。
でも、時間を有意義に使った気がする。

 夕食後、私はベッドでストレッチ。
その後、食堂でみんなと合流。
楽しい時間。
そして消灯時間。
今晩は眠れなかったら、眠剤を必ずもらって飲もう。

リンクをクリック
してHPへ↓↓↓

 
write: 関東闘病系日記■■2004.2.25■■
日記QRコード
完全つながりアイテム
ビジネスマンの心の病気がわかる本 (健康ライブラリーイラスト版)
ビジネスマンの心の病気がわかる本 (健康ライブラリーイラスト版) (書籍/雑誌)
   コメント 
  

   トラックバック 
ウケタ
0
泣けた
0
感動した
0
がんばった
0
勇気付けられた
0
萌えた
0




[ 利用規約 | 質問(Q&A)・お問合せ | プライバシーポリシー | 設定変更 | 広告掲載 ]
cyberz.jpCONOE.netであい.COMLn.jpHITCHART.COM
Cyberz Inc.Cyberz Community PlatformERIKOdareMITERUVCastEngine
Copyright(c) 2004-2009 Cyberz Inc. Allrights reserved.
日記系.jp」はサイバーズ株式会社が提供しています